東京から北陸新幹線で2時間半、金沢1泊2日で観光・北陸グルメを楽しむ旅のすすめ。

この記事は約6分で読めます。

こんにちは、Shimacoです。

週末、新幹線で金沢に1泊2日旅。時間はないけど満喫したい!そんなわけで、効率的に周るようにあまり外さないスポットを書いてみました。

アクセス

新幹線

東京駅から北陸新幹線で約2時間半。

早割を利用しよう!

JR東日本エリアの新幹線は早割があり、15〜35%の割引が適用されます。

※コロナ禍以来、最大50%OFFというのもあり、今回はその恩恵に与りました。

早割の予約は、1か月と1週間前から事前受付ができます。

1か月前ですと、既に売り切れている場合もあるので、事前受付を強くおススメ致します

チケットは、お手持ちのモバイルSuicaもしくはICカード版のSuicaを使います。番号を事前に登録しておき、当日は切符を受け取らずにモバイルSuicaもしくはICカードで改札を通過します。

エクスプレスカード利用した方はお分かりだと思うんですが、エクスプレスカードで改札通ると乗車票出てくるじゃないですか。あんな感じで紙でないので、通れているの?って不安になりますが、設定しておけば改札通過の連絡がメールも設定できます。

金沢の美食

とくに、旬のお魚を頂くのが最高ですので、お店の人に積極的にオススメを聞きましょう

鮨 歴々 百番街店(金沢駅)

金沢駅の百番街と近江町市場にお店があります。
近江町市場 のランチは14:00L.Oで、新幹線が13:05着だったので、金沢駅店にお邪魔しました。事前に予約しようとしたら予約不可でしたが、13:00頃はそんなに混んでいませんでした。※ちなみに金沢駅店は通し営業でした。

ランチは、10貫~12貫のセット等がありますが、10貫+オリジナル手巻き(汁物付)+200円でのどぐろ手巻に変更するのがおススメです。

※夫も私も結構お腹いっぱいになっていたので、12貫セットはちょっとキツイかもです。ただ、12貫は貝が出てくるらしくて、それもいいなと思いました。。

金沢のお鮨はレベルが高いと言われていますが、期待を遙かに凌駕するクオリティで登場したお鮨たちに感激しました。

炙ったのどぐろの手巻き。のりも美味しい…!

いたる香林坊店

金沢で地元の方にも愛されるお店、いたる。本店と香林坊店があります。
本店は2週間前に電話したにも関わらず満席でした。なので、香林坊店を予約して行きました。いたるはお魚が新鮮で、おススメの食べ方で調理してくれます。

地酒も種類豊富で素晴らしいお店でした。

鯵のなめろう
見かけは悪いけど美味しい、がす海老

〆に明太子入りの出汁巻きあら汁を頂きました。

出汁巻きはテイクアウトもできるので、ホテルの晩酌のお供にいかがでしょうか。

ちなみにいたるはのどぐろ飯が名物なんですけど、夜に米の気分ではなくて、今回は頂いていません。お昼に訪れることがあれば、是非トライしてみてください。

寒村庵

文化遺産、志摩の1Fのお茶屋さん。こちらのお茶屋さんに入るにも、志摩の入館料500円が必要です。寒村庵は志摩の見学順路の最後にあるので、見学後に休憩していきましょう。

日本庭園を臨むカウンターは重要文化財の中にありながら、モダンで洗練された印象です。

上生菓子も大変可愛らしいです。夫のは黄緑の別の和菓子が提供されて、何が出るかはお楽しみですね。

金沢の観光スポット

ひがし茶屋町

言わずと知れた花街※、ひがし茶屋町。レンタルきもの屋さんも立ち並び、着物を着ている人も多いです。※京都でいうところの祇園だとご理解ください。

外壁のくすんだ赤が花街らしい華やかさを醸し出しています。

昼はそれなりに人が多いのですが、夕方以降はお土産物店やカフェが閉まることもあり人がまばらになって静かになります。

夜はライトアップされており、建物のくすんだ紅がぼやっと浮かび上がって雰囲気出ます。夜はフレンチやバーが何店舗か営業しているようなので、夜に訪れるのもいかがでしょうか。昼とはまた違った表情を見せるひがし茶屋町、日暮れ時以降に訪れるのもおススメです。

…というか、旧・花街(遊郭)なので、もとはといえば夜からが本来の顔といったところでしょうか。

兼六園

日本三大庭園の一つ、兼六園はぜひ訪れたいスポットです。何日か無料開放日があり、たまたま無料開放で激混みでした。

入場料払ってでも、空いている日に訪れるのがおすすめです。

大きいので、ゆっくり庭園を散策していると2時間くらい経過しちゃいますが、サクサク巡れば1時間でもOKと思います。

園内にお茶屋さんは何軒かありますので、庭園見ながらお茶もおすすめです。
一番有名な時雨亭は、この日が無料開放日だったせいか15:00には抹茶セットが完売になっていました。抹茶がどうしても飲みたかったので、惜しまれながら後にしました。抹茶を頂きたい場合は早めに訪れるのがおススメです。

長町武家屋敷

むかしむかし、その昔。前田家のお膝元、上級・中級武士が沢山おりました。

そんな武家の方々の立派な屋敷が建ち並んでいます。武家ということあり、ひがしちゃや街のような花街とはまた違った趣でした。

金沢で宿泊するなら

宿泊するなら、近江町市場周辺が便利です。金沢駅も主要観光地へもバスで行けますし、徒歩で近江町市場までアクセスできますので、市場で朝食ができる立地です。

便利なエリアなので、沢山ホテルが立ち並んでいます。

今回は三井ガーデンホテル金沢に宿泊しました。

和のモチーフを取り入れた内装は金沢気分を盛り上げてくれますし設備も充実していました。

部屋には広めの浴槽もついていますが、大浴場でのんびりすることもできます(温泉ではない)。化粧水やメイク落とし等のアメニティも充実。

近江町市場に行こうと思って朝食は付けませんでしたが、朝食を近江町市場の提携店での海鮮丼に振替できるようです。

これは気が利いているサービスだと思いました。

日本
この記事を書いた人
shimaco

旅を愛し旅に生きる31歳女子。
35か国/国内47都道府県を旅しました。
「自分の足で歩く」のが好きで、ほぼ全て個人手配です。
「個人で旅をしてみたい。」そんな人の背中を押すような情報をお届けします。

shimacoをフォロー
ShimacoTrip
タイトルとURLをコピーしました