熊本・天草で春のドライブ旅モデルプラン!美しい海と海の幸と世界遺産「崎津集落」を散策。

この記事は約8分で読めます。

こんにちは、Shimaco(@shimacotrip)です。

天草ではずせない見どころ世界遺産に登録された「世界文化遺産 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成遺産の1つである崎津集落
小さな湾に面した小さな集落で、ここだけ時間がゆっくり流れていました。

崎津集落の入り口

そんな天草を1泊2日でサクッと楽しむドライブプランをご紹介していきます。

アクセス

熊本空港・熊本駅から天草半島まで橋が架かっており、車で気軽に訪れることができます。

天草半島の入り口である三角港までは車で1時間弱で行けました。

三角の橋

そこから中心地の本渡までは+1時間弱でした。

↓でご紹介している快速あまくさ号で天草本島の中心に位置する本渡バスターミナルまで行き、そこからレンタカーを借りることもできます。
周辺のレンタカー屋さんはトヨタレンタリース天草があり、歩くには少々離れてはいますが本渡バスターミナルまで送迎してくれるようです。

バス

Shimaco
Shimaco

バスの本数の少なさから個人的には車(レンタカー)利用がおすすめですが、バスを使ったアクセスも調べたのでまとめます!

バスの場合、天草本島の中心に位置する本渡バスターミナルまでは快速あまくさ号で移動できます。
そこからは2つの方法で天草の観光地めぐりすることができます。

快速あまくさ号+路線バス

我々は路線バスの時刻表や乗り継ぎを調べた結果、バスの本数が少なく心が折れそうで諦めました。
※2022年5月当時

路線バスを使う場合は、

熊本駅からの快速あまくさ号往復チケット+天草内の路線バス乗り放題になるあまくさ周遊券便利でお得です。

  • 2日間有効 4,280円
  • 3日間有効 5,400円

個別に計算しても5,000円+天草内路線バス代がかかるので、路線バスに1回以上乗るなら周遊券の方がお得になります。

  1. 熊本空港 → 熊本駅(もしくは熊本桜新町ターミナル) → 天草・本渡 2,720円※TIPSを参照
  2. 天草・本渡 → 熊本駅 2,280円
  3. 天草内路線バス 別途

熊本空港に到着する場合、1は別々に購入するよりも以下の「天草⇔阿蘇くまもと空港 乗継割引乗車券でちょっとお安くなり2,720円で利用できます!

快速あまくさ号+周遊バス

Shimaco
Shimaco

個人的には路線バスよりも周遊バスが効率的に周れるため、おすすめです。
送迎場所は本渡バスターミナルや天草空港、ホテルアレグリアガーデンズ天草などの主要スポットで乗り降りできるのがとても便利だと思います。

コースが3つ用意されていて、どれも楽しそうですね!

出発時間が午前~お昼ですので、天草に午前中に到着できるか、1泊して翌日行くというスケジュールであれば利用できると思います。

  • 【Aコース】『イルカウォッチングプラン』または『通詞島見学プラン』(所要時間約3時間)
  • 【Bコース】『世界文化遺産「天草の﨑津集落」コース』(所要時間約5時間) 
  • 【Cコース】『南あまくさの食と文化をめぐるコース』(所要時間約5時間)

私はBコースに参加したかったのですが、12:50発で飛行機の到着が11:40なので初日は絶望的に間に合わなかったです。
翌日は宿泊した宿VIVIDからは少し離れており、結局車が必要になるため「車借りるんだからいらないね」と見送りました。

詳しいプラン内容は公式サイトをご確認ください。

天草で味わいたいグルメ

春限定のムラサキウニ丼

ムラサキウニ漁が解禁される春先だけの特別な味わいです。

今回は天草で大人気の丸健水産さんに伺いました。満席で何組か待っていました。

名物のウニ丼絶品でした。

なんとご飯がウニの混ぜご飯!

あと、おすすめのサイドメニューはウニコロッケ

クリームとウニがクリーミーで溶けるようなおいしさ!

丸健水産さんはイルカウォッチングツアーも開催しており、食事とのセットプランも販売しているようなので、
イルカウォッチングを検討されている方はお得に利用できるかもしれません!?

車海老

天草では車海老の養殖が盛んです。

こちらでは車海老を刺身、天ぷら等好きな調理法でいただくことができます。

わたしは刺身にしましたが、弾力があってとても美味しかったです。

伊勢海老の刺身に近い感じかな。

天草で泊まりたい宿

VIVID天草

天草中心に民泊をいくつか展開する会社のお宿です。

最近流行りの?トレーラーハウスを使ったアパートメントホテルで、キッチン・お風呂・トイレと生活に必要なものは揃っていて快適でした。

玄関から見た内部はこんな感じ。

左手は押入れ風?ベッドルームで、奥はソファがあって広いリビングエリア。

小さな庭にはBBQグリル、テーブルセットもあるので、海を見ながらBBQを楽しめました。

炭と着火剤は自分で準備する必要があり、近くのホームセンター・ナフコで購入しました。

屋上にはハンモックも(シートは別につけます。)

モデルプラン(ドライブ)

Shimaco
Shimaco

続いてドライブする場合のモデルプランをご紹介していきます。

天草ドライブプラン
  • 11:40
    熊本空港 着

    予約していた空港の日産レンタカーから天草に向けて出発します。

    海沿いをドライブしながら
  • 13:40
    ランチ

    三角港を過ぎて約20分で宿の近くのお店、潮さいへ。
    お寿司や海鮮丼の定食がいただけます。

  • 15:30
    チェックイン

    食材や炭を買ってから本日の宿VIVID天草に到着。

    入り口はスマートキーになっていてセルフチェックインを済ませます。

    海外のアパートメントでよくある形式ですね。
    歩いて行ける範囲内にお店はないので、お酒を飲む前の買い出しで確保しましょう。

  • 19:00
    BBQ

    チェックイン前の買い出しで近くのスーパーキャモンでとても美味しそうなお肉をお安く購入できました。
    外観は完全にパチンコ屋でしたが、ちゃんとしたスーパーでした。(笑)
    同じ敷地内にジパング大矢野というお酒屋さんもあり品揃え豊富でした。


    赤身が美味しくて、ジパングで購入したワイン(カベルネ)とも相性抜群でした。

    翌朝は外で朝食。ドリップコーヒー淹れて、海を見ながら朝食は最高ですね。
    近くのサンパール天草の産直で購入したパンを焼いてみました。

  • Day2 11:30頃
    丸健水産

    天草の人気店!ということで、早めの時間に行きました。既に並んでいましたが。。
    名物のうに丼がとても美味しかったです。

    他にもサイドメニューに車海老、ウニコロッケ、白見魚のフライ等メニュー豊富なので楽しめるかと思います。

  • 13:30
    崎津集落

    ランチを終えて、天草で絶対に訪れたい崎津集落へ。

    天草市﨑津集落ガイダンスセンターという駐車場兼観光案内所に車を停めて徒歩10分くらいでした。

    崎津集落にも駐車場はありますが台数は多くないので観光案内所で停めるのが無難かと思いました。

    ちなみに自転車を借りることもできるので、自転車で散策も気持ちよさそうです。料金は普通自転車・電動アシスト自転車ともに200円/日です。貸出時間は9:00~16:00(17:00までに要返却)だそうです。

    町全体にのんびりした雰囲気が漂い、GWだというのに閉まっているお店もあり、商売っ気はなさそうです。(笑)

    崎津カトリック教会

    街を抜けて10分ほど歩くと、マリア像の夕日が見える場所に来れるのですが…この距離ではもはやマリアであることは認識できません。(笑)
    かといって観光客が近くまで歩いていける遊歩道はなさそうですし、小型ボートとかで近くまで行けるといいのですが…。

  • 15:30
    熊本駅へ

    崎津集落でのんびりしたら、途中休憩しながら熊本駅の日産レンタカーを目指します。ちなみに空港と駅は乗り捨て料金0円でした。
    帰りの道中に意外とセブンイレブンが多く、セブンコーヒーを飲みながら楽しくドライブして帰りました。

熊本・天草。世界遺産に登録されたというのに変に観光スレしてなくて大変のんびりした時間を過ごせました!

是非訪れてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで下さりありがとうございます!

日本
この記事を書いた人
shimaco

旅を愛し旅に生きる31歳女子。
35か国/国内47都道府県を旅しました。
「自分の足で歩く」のが好きで、ほぼ全て個人手配です。
「個人で旅をしてみたい。」そんな人の背中を押すような情報をお届けします。

shimacoをフォロー
ShimacoTrip
タイトルとURLをコピーしました