スペイン・ロンダ、4時間で主要見どころ巡り!ヌエボ橋を下から観賞する方法もご紹介!

スペイン
この記事は約6分で読めます。

「]

Shimaco
Shimaco

こんにちは、Shimacoです。

南スペインの山間の小さな町ロンダ。
峡谷に掛かるヌエボ橋(高さ98m!)やスペイン最古の闘牛場など多くの見どころがあります。

正直ちょっとアクセスしにくいですが、とっても素敵な街ですので、アクセス方法や短時間で周る方法をご紹介していきます。

アクセス

南スペインの都市の各都市から電車やバスでアクセスができます。

Shimaco
Shimaco

それぞれの都市別に行きたかをまとめます。

マラガから

バスでマルベリャ乗り継ぎでアクセスできます。所要時間は3時間超
鉄道ならAVEで1駅のSanta Anaまで行き、そこからIntercityで約1時間です。

乗り継ぎ時間にも寄ると思いますが、3時間弱でアクセスできます。

コルドバから

鉄道Intercityでアクセスができます。

先ほどのマラガからのアクセス方法と同じで、Santa Anaを経由でロンダに到着します。

セビリアから

電車でのアクセスにはコルドバを経由する必要があります。

ですがバスなら直通で1時間45分でアクセスできます。
※2017年5月当時はLos Amarillosというバス会社が運行していましたが、現在はDAMASという会社が運行している模様。

Los Amarillosの公式HPでは約1週間前に販売開始されたので、日本出発前にギリギリチケットを入手できました。

チケットは12.64€+1€(サービス料?)でした。

公式サイトに時刻表が掲載されてます。チケットもこちらで購入できるようです。

グラナダから

グラナダからは鉄道で移動できます。
鉄道のチケットを購入したのになぜかバスでSanta Anaまで行き、そこからIntercityで約1時間というルートでした。

バス移動込みで販売されていたのか、一時的に鉄道が不通だったのかちょっと謎です。

ロンダ観光の周り方

Shimaco
Shimaco

朝到着し、13:00発のバスまでの約4時間で観光と食事を済ませるため、主要な見どころを効率よく回っていきます。

ロンダの街 散策ルート
  • 9:17
    ロンダ駅 到着

    早朝グラナダを出発した電車が予定通り到着。スペインの長距離鉄道は時間正確な印象でした。

    Santa Ana駅で電車を乗車予定のIntercityを待っているところ
  • 9:30
    バスターミナルで荷物を預けて出発

    同日午後にバスでセビリアに向けて出発するので、駅のすぐ近くのバスターミナルの荷物預かり所で荷物を預けます。[br]ついでに窓口で、予約していた18:00のバスを一本前の13:00発に変更してもらいます。[br]無事予約変更もできて身軽になったので観光に出発します。

    Shimaco
    Shimaco

    バスターミナルから鉄道駅は徒歩5分ですので、鉄道利用の場合もバスターミナルの荷物預かり所は便利だと思います。※2017年5月当時

    駅を出て右へ
    写真左の建物がバスターミナル
  • 9:45
    Mirador de Ronda (la Sevillana) 展望台

    バスターミナルをほぼ真っすぐに歩いていくと、ロンダの闘牛場が見えてきます。

    闘牛場の闘牛のオブジェ

    右手に公園が見えますので、真っすぐ進むと展望台に辿り着きます。

    のどかな風景が見渡せます。
  • 10:00
    パラドール

    パラドールが見えてきます。

    ヌエボ橋の内部に入場することができます!パラドールを正面に見て、左側に入口があります。

    ヌエボ橋は英語ではNEW BRIDGEなのですが、 NEW BRIDGEと書かれている看板が目印です。入り口にて料金を支払います。2.5€でした。

    こんな感じです。
  • 10:50
    反対側からヌエボ橋を臨む

    こちらの展望台からの姿がめっちゃ美しいです!
    展望台の名前はMirador de Aldehuelaというそうです。

    こちらは反対側から
  • 11:00
    ヌエボ橋を下から臨む

    事前調べはせずに、道行く観光客に聞いたりして遊歩道入り口を見つけました。

    具体的なアクセス方法はこちらをご覧ください。※記事内部にリンクします。

    途中まで舗装されています。
    下から見上げると迫力がすごい。
  • 11:30
    Casa Don Bosco

    かつての個人の邸宅でお庭からの眺めが素敵。邸宅も植栽も美しくて見応えアリです。

  • 11:50-12:30
    Restaurante Don Miguel

    橋がよく見えるレストランでランチ。

    レストランのテラスからの景色

    名物ウサギのグリルを。

    脂身少なく鶏肉っぽい食感で、料理の仕方なのかちょっとパサつきを感じました。ソースはスパイシーな感じです。

    ウサギのグリル

    うーん、Tripadvisorの口コミ見ると低いのですが。

    レストランのテラス

    この眺めと雰囲気だけでも訪れる価値はあると思いますので、カフェ利用はいかがでしょうか。

ヌエボ橋を下から見上げるポイント

Casa Don Boscoのある通りを進むと、Mirador de María Auxiliadora という公園からヌエボ橋を下から見上げる展望台に繋がる遊歩道に出られます。

展望台はGoogle Mapeでは、Mirador Puente Nuevo de Rondaという名前になっています。

意外と観光客何人かとすれ違ったので割と有名なのではないかと思います。

展望台といっても、こんな感じの未舗装の場所ですが、ここから先ほどの写真にようなとっても迫力のあるヌエボ橋を臨めます。

ここが展望台です。

その他の見どころ

他にはスペイン最古と言われる闘牛場エキゾチックなアラブ風呂があります。

バスの時間が13:00の次が18:00というスケジュールで(現在はさらに遅くなって18:30ですね。)、さすがに18:00まで滞在すると時間を持て余しそうだと思い、13:00に変更しましたが、

見どころが結構あるので、18:00まで滞在していても楽しめたかもしれません。

Shimaco
Shimaco

最後まで読んで下さりありがとうございます!
ロンダに少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです!

スペイン西欧
この記事を書いた人
shimaco

旅を愛し旅に生きる31歳女子。
35か国/国内47都道府県を旅しました。
「自分の足で歩く」のが好きで、ほぼ全て個人手配です。
「個人で旅をしてみたい。」そんな人の背中を押すような情報をお届けします。

shimacoをフォロー
ShimacoTrip
タイトルとURLをコピーしました