フィンランド鉄道VRに乗って、ナーンタリのムーミンに会いに行こう。

フィンランド
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、Shimacoです。

フィンランド・ナーンタリにある夏季限定のテーマパーク、ムーミンワールドについて、アクセス等をご紹介していきます。

Shimaco
Shimaco

個人的には本家ムーミンワールドの方が充実して入場料だけで遊べるので好きです!

ムーミンワールドまでのアクセス

ヘルシンキから

ヘルシンキ中央駅からフィンランド鉄道VRトゥルク駅まで行きます。

チケットは安くなるので、予定が決まっていれば事前にWebで購入がおすすめです。
WebでSaverTicketを購入しましたが、片道1人9.9EURでした。2時間の移動時間・距離にしてはお安く感じます。

ヘルシンキ中央駅に停車中のVR

チケットはQRコード付きのPDFがメールで送られてきます。
ヨーロッパの鉄道あるあるで、車内検札で見せればOKです。

この日はトゥルクに戻るため、コインロッカーに荷物を預けることにします。
事前調べの通り、今にも壊れそうなレトロなコインロッカーを見つけて荷物を預けました。

トゥルク駅からの移動方法はタクシーとバスの2通りあります。

タクシー

バスは乗継ぎが必要ですので、貴重な時間を無駄にしたくなくタクシーで移動しました。
トゥルク駅で待機していたタクシーに乗り、ムーミンワールドの入り口の桟橋まで20分弱で到着しました。料金は34EURくらいでした。

こちらが入口の桟橋

トゥルク駅はタクシーは結構待機していますので(夏のハイシーズンだからかも)あまりつかまらない心配はありません。

バス

今回は帰りバス利用しましたので、ご紹介します。

行きは乗り換えありルートを提示されてやめましたが、よく調べると乗り換えありのバスルート地図を見ると駅方面に戻っているので、ちょっと歩きますが手前で乗降した方が時間節約になると思い、乗り換えなしのルートで使いました。

乗るバス停は(今回は降りるバス停として利用)[Turku bus station]のあたりです。

バス停は[Naantali]です。最寄りバス停からムーミンワールドまでは徒歩15分くらいです。

行きのバスがここに停車するかは分からないのですが、帰りのバスはストリートビューの中央にバスぽいの見えるあたりから出発します。

いざムーミンワールドへ

入場チケット

チケットカウンターの列が混むので、事前に購入しておくとよいという情報を見て事前に購入したのですが、当日は既に昼くらいだったこともあり、あまり混んでおらず。

購入すると、メールでQRコードが送られてくるので、入り口でスキャンします。

公式HPより予約・購入ができます。1日有効のチケットで32EURです。

Shimaco
Shimaco

2016年夏は27EURだったのですが・・・結構値上がりしてる!
(日本のデフレ振りを改めて感じて震撼しますね。)

予習するとより面白い

ムーミンのお話のネタがパーク内の色々なところに再現されています。
事前に友人とYouTubeで予習していたので「これあの場面だよね!」と話すのは大いに盛り上がって楽しかったです。

こちらもムーミンのアニメを見ていないと知られていないであろうキャラクターです。
入場ゲート過ぎてすぐに寝転んでいる二人を見てギョッとしましたが、トフスラン&ビフスランの二人です。

(最近は見れるか分かりませんが、当時はYoutubeやDailyMotionで動画を観ていました。)

そしてみんな知っているムーミンハウスです。
この前、埼玉のムーミンバレーパークを訪れたのですが、バレーパークのムーミンハウスは入場料が掛かるようで。

本家は入場料だけで見れます。
※ムーミンバレーパークの入場用も3,200円(前売り3,000円 )と大きくは変わらないですよね…?

奥がムーミンハウス、手前がムーミンが建てる家
第1話で登場するシルクハット
物語全体通して登場するコケモモのジュース

水辺にあるのはバレーパークと同じですね。
実は本家は海に面していて、ムーミンワールド自体は島なのですが。

パーク内にはカフェやレストランがありますが、紙皿がムーミンだったり。

パーク内でシナモンロール注文したらお皿がムーミン

ナプキンがママだったり。

ムーミン谷キャストとのふれあい

1時間に1回、15分くらいムーミンハウスにキャストが集ってファンサービスを行います。一緒に写真を撮ったり、握手やハグなどができます。

たびたび埼玉のムーミンバレーパークを引き合いに出して申し訳ありませんが、写真のために別料金とかは不要です。

このファンサービスは、1時間に1回程度ショーが催されるのですが、ショーが終わって次のショーまでの間に行われます。

開催されるショーには複数言語の字幕には日本語もあります。日本人観光客が多いそうですね。

Shimaco
Shimaco

忙しくない
もしくは入れ替わっ…

軽食含めて3時間くらい過ごしました。当日は少し曇っていて残念でしたが、夏のナーンタリは本当に爽やかで屋外で過ごすのが気持ち良かったです。
満足したので上述のバスでトゥルクの街に戻ります。

Shimaco
Shimaco

今回のムーミンワールド訪問で、本当にムーミンには魅了されてしまいました。(笑)
以来ちょっとしたファンで、日本でもムーミングッズを購入するたびフィンランドを思い出します。

このあとスウェーデンのストックホルムに夜行フェリーで向かいます。
ご興味あればこちらの記事をご覧ください。

また、今回の北欧周遊旅のルートはこちら!

以上、最後まで読んで下さりありがとうございました!

フィンランド北欧
この記事を書いた人
shimaco

旅を愛し旅に生きる31歳女子。
35か国/国内47都道府県を旅しました。
「自分の足で歩く」のが好きで、ほぼ全て個人手配です。
「個人で旅をしてみたい。」そんな人の背中を押すような情報をお届けします。

shimacoをフォロー
ShimacoTrip
タイトルとURLをコピーしました