ドイツ・ドレスデン、バロックの重厚な雰囲気が美しすぎる古都に行ってみた。

ドイツ
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、Shimacoです。

バロックの重厚な雰囲気が美しすぎるザクセンの古都、ドイツ・ドレスデン。どこを切り取っても、とても素敵な街でした。この記事ではアクセスや見どころとして、歴史的緑の丸屋根素敵な朝食をいただけるカフェをご紹介していきます。

アクセス

ベルリンから

ベルリンからドイツ鉄道(DB)のICEで約2時間。

フランクフルトから

飛行機が便利

ドレスデン中央駅から

空路も鉄道も、中央駅を利用することになります。旧市街はトラムを利用すると便利。

広場の中心にある丸屋根の教会は戦争で破壊された教会の破片を集めて復元された。
ヨーロッパ最大のジグソーパズルと言うらしい。

ホテルに朝食つけていないので朝食をとれる場所を探していたところ、ヒルトンのカフェの朝食が素敵そうだった。アフタヌーンティー風な朝食をとる。

店内はこんな雰囲気

10:00から歴史的緑の丸屋根を予約していたので旦那さんと待ち合わせて入る。
ここは大混雑なのと入場時間の予約が必要なので事前予約必須。
オーディオガイドを借りて見学したけど、細工が細いのとそれに伴う説明が面白く
見入ってしまった。そんなこんなで1時間半くらい経過していたと思う。
(写真撮影禁止だったので写真は撮っていない)

歴史的緑の丸屋根がOldとNewがあるのだけど、見たかったムガル帝国の作品ははNewにあるらしい。事前に知っていれば共通券買ったのだけど下調べ足りず。
別々に買ったので割高になってしまった。共通券がおススメ。

ザクセン王の皇居、ドレスデン城で細かすぎる銀細工にウットリしてました。
中華やインドのムガル帝国など東洋趣味が流行っていたんだなあ。

特に見たかったムガル帝国モチーフはこんなに精巧なつくり。

美術館をゆっくり見れて満足。続いてはバロックな街並みを散策する。

個人的にはチェコ・プラハに似ていてると感じて懐かしくなった。

歩き疲れてジグソーパズルの前の老舗ぽいカフェでエッグノッグコーヒーを飲む。
リキュールコーヒーの一種なのですが甘くて美味しい。

新市街でディナーを予約していたので向かう。
公共交通でも行けるけど徒歩30分くらいだし腹ごなしに歩こうよと。
川沿いの道を歩いて気持ち良かった。レストランの詳しい情報は下記の記事で。

短い間で絵画美術館などは行けなかったので心残りだけど、明日はフランクフルト経由でハイデルベルクに向かう。

タイトルとURLをコピーしました