北海道・旭川、半日過ごせる旭山動物園や旭川でしか味わえない絶品グルメをご紹介

この記事は約6分で読めます。

アクセス

旭川空港から

旭川電気軌道のシャトルバスでいくことができます。

駅前から乗る場合は、乗り場は9番乗り場からで、旭川空港行きバスもしくは66番 旭川空港・旭岳線「いで湯号」 バス時刻旭川空港経由大雪山行きのバスが利用できます。

運賃はいずれも630円です。

時刻表はこちらで確認できます。

ちなみに空港から直接、旭山動物園行きも出ていますので、空港に着いてから動物園に行くとか、逆もできるかと思います。

運賃は現金で運転手さんに支払いますが、キャッシュレス券売機で事前購入も可能です。旭川駅の総合案内所か空港にて購入ができます。

・旭川電気軌道総合案内所(Tsuruha Bldg.旭川駅前1F) 利用時間 5:45~22:00
・旭川空港(到着ロビー内) 利用時間 空港営業時間内

札幌から

札幌から訪れる場合が多いと思うのでまとめます。札幌駅からは特急カムイでアクセスできます。※今回小樽からですので、小樽~札幌間はエアポート快速で移動しました。

事前に決まっていれば、えきねっと早割で超お得に利用できます。

1ヶ月と1週間前から始まる事前受付で予約して、札幌・旭川間の運賃が45%割引でかなりお得感ありました。1か月前から予約開始なのですが、それだと埋まったりするので、1か月と1週間前の事前受付がおすすめです。※事前受付で大部分埋まるなら事前受付って…ミスリードを招きそうな表現ね。。

JR北海道区間内はえきねっとで予約したきっぷは券売機で発券が必要でした。

また、きっぷは札幌からですが、今回は小樽から乗ります。JR東日本感覚でモバイルSuicaで乗っていいか?を一応駅員さんに聞いたところ、「IC乗車券と組み合わせて使う場合は旭川ではICの精算ができないので、札幌駅で一度改札出て入り直してください。」と言われました。

旭川がIC未対応の衝撃。札幌で一度出場か、あるいは、小樽から旭川までの乗車券にしてしまった方がよいかもしれません。

鉄道旅の楽しみは、駅弁ですよね。今回は三大カニ弁当にしてみました。味は濃いめでサッポロクラシックと相性抜群。北見のハッカ炭酸は北海道限定でしょうか。爽やかで美味しかったです。

三大かに飯おいしかった

見どころ

旭山動物園

旭川駅からバスで40分。旭川電気軌道のバスチケット+旭山動物園入場券付きチケットが便利でした。

旭山動物園は、開園直後とかハイシーズンは入場券を買い求める列ができるようなので、事前に入手しておくのが良さそうです。

旭山動物園は、行動展示というコンセプトで動物の行動特性を活かした展示になっており、面白いです。

ユキヒョウがこんな距離で下から見られたり。

カバを目の前で見れたり。

面白いのはところどころ、手書きで書かれた展示です。じっくり読んでいると時間が経ってしまいます。

急ぎで2時間くらいで回れそうですが、ゆっくり展示を見たり休暇やランチをして、意外と5時間くらい過ごせました。笑

旭山動物園の最大の見どころは「動物たちの食事シーン」だったりするんですが、2021年8月当時コロナで蜜を避けるため、開催されていませんでした。開催される場合、毎日早朝に動物たちの食事スケジュールが公式サイトに掲載されますので、行くときはチェックしましょう。

駅前で便利なホテル

駅の東口を出て正面、Y’s ホテル旭川

駅に隣接しており、同じビル内には旭川電気軌道の窓口がありバスチケット購入するのも便利でした。

このロケーションで価格が1泊1部屋1万円以下というのが驚き。

この手の利便性○、価格○のホテルにありがちなのが、部屋がめっちゃ狭いという先入観を覆す、超広い部屋。

広いソファもあり、十分すぎるくらい寛げました。

あと、大浴場とサウナがあります。温泉ではありませんが。こちらはちょっと狭いのが残念でした。あと、大浴場内のコインランドリーはとても便利でした。

1点マイナスな点は、館内着があるにも関わらず、朝食会場では館内着で入場できないことがちょっと不便でした。

最近、ドーミーインのように館内着とスリッパで館内自由に過ごせるホテル(従来の旅館スタイル)が増えているので油断しておりました…。

旭川グルメ

成吉思汗 大黒屋

ジンギスカンで有名なお店、大黒屋。お肉が新鮮で柔らかく臭みが少なくて、とても美味しいです。

全席禁煙で安心。

ラムにはビールもいいですが、赤ワインが合います。混み合いますので事前予約がおすすめです。

早い時間に行って、整理券もらって待つこともできます。私たちは5〜10分くらいで案内されましたが、1時間くらい待った人もいるようです。

旭川にたどり着くまでに、あるいはこれから函館や小樽などの海沿いに行く場合は海鮮沢山食べますので、旭川でほ内陸部ぽい食べ物?

炉端のユーカラ

雰囲気抜群の入り口ですね。

厨房の中央で焼いてくれています。美味しくないわけがない。。

しまほっけが身がふっくらで美味しい。

ししゃもも美味しかったです。

地酒も種類豊富。飲み比べもできます。

こちらも全席禁煙で安心。

MORIHICO.RENGA 1909

有名な森彦コーヒーの旭川のお店です。1909年に建てられた赤煉瓦の建物が素敵です。

サイフォン式コーヒー。冠メニューの1909というコーヒーを注文しました。ちょっとフルーティで美味しい。

素敵な店内。

旭川から足を延ばして

富良野・美瑛の記事を書いています。旭川からの1Day旅のご参考にどうぞ。

旭川、いかがでしたでしょうか。訪れる際は是非参考にしていただければ幸いです。

日本
この記事を書いた人
shimaco

旅を愛し旅に生きる31歳女子。
35か国/国内47都道府県を旅しました。
「自分の足で歩く」のが好きで、ほぼ全て個人手配です。
「個人で旅をしてみたい。」そんな人の背中を押すような情報をお届けします。

shimacoをフォロー
ShimacoTrip
タイトルとURLをコピーしました