冬も楽しめるリゾート、宮崎・シーガイア、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート

この記事は約8分で読めます。

こんにちは、Shimaco(@shimacotrip)です。

寒い東京を抜け出して、宮崎で避寒リゾート。冬でも楽しめるリゾート、シーガイア・シェラトングランデをご紹介していきます。

アクセス

車で

空港からシーガイアは車で20分です。

シーガイアの外に出掛ける予定があれば、レンタカーがおすすめです。特に空港からホテルに行く途中に、

・ランチする店が沢山ある

・イオンモールがあるので滞在中に必要な買い物ができる

など、行動範囲が広がるので便利です。

シェラトングランデには最大3,000台の広大な無料駐車場があるので気にせず停めておけます。

レンタカーでおすすめは格安のニコニコレンタカーです。今回は12:00〜3日目16:00の2日と半日プランで借りましたが、13,000円くらいでした。

3〜4日借りっぱなしのこともあると思うので、1日あたりが安い方がコストを抑えられます。

電話すれば空港までバンで迎えにきてくれます。

タクシー

タクシーは事前予約制で5,000円ほどのようです。

バス

バスは所要時間25分、大人870円です。現在は運休中です。

電車+バス

一度宮崎駅まで出てからシーガイア方面のバスに乗り換える必要がありますが、乗り継ぎが悪く1時間くらい掛かるのであまりおすすめできません。

シーガイア内の移動

シャトルが運行しています。

部屋

今回はプレミアムカテゴリのお部屋に宿泊しました。

はクラブフロアの一部にあって、クラブラウンジは使えないけど、部屋の内装はクラブフロア仕様でというお部屋です。

特徴は、部屋が広く、壁面がマンゴーイエローで明るい雰囲気です。

部屋のソファはなぜか回転するしくみです。笑

冷蔵庫の飲み物は無料です。

バスアメニティはタルゴで、クラブフロアのものも同じです。

ドクターシーラボのスキンケアセットがついていて有難いです。地味に化粧水とか荷物になりますので。

風待ちテラスなどの共有部が満足度高いので、クラブフロアでなくても楽しめる感じです。

プレミアムフロアの案内はこちら。

プレミアムフロアは2F専用レーンでご案内ということになっていましたが、コロナ対応なのか全部同じレーンで、チェックインと同時に行くと、5分程度待ちました。

今回はSPG特典のため、マリオットボンヴォイで予約しようとしたら、プレミアムカテゴリが用意されておらず、今回は一休で予約しました。

ホテルの方に聞いたところ、やはりマリオットではプレミアムカテゴリは解放していないとのこと。

誕生日には小さなギフトがいただけるとのことで、予約時に伝えておいたらテーブルの上にチョコレートが置かれていました。

嬉しい心遣いです。

冬を楽しむアクティビティ

焚き火のリビング

THE LIVING GARDENのウッドテラスの一部、焚き火を囲んでソファでまったりできるのが焚き火のリビングです。

ちょっと窪んでいるのと、タープが低めにされているので、風よけになります。

セルフ式でコーヒーとマシュマロが無料提供されます。※15:00〜17:00まで

マシュマロ用に長い竹串を貰えるので、マシュマロを焚き火で炙ります。ここで30分くらいまったりできます。

水辺のガゼボ

プールサイドのガゼボは冬はちょっとしたグランピング風な内装に仕上がっていて、カーテンも閉められて防寒しながらグランピングぽいことが楽しめるようになっています。

マシュマロ焼いたり、アヒージョしたり。

とはいえ1月はちょっと寒いねということで今回は見送り。なかなか人気らしいのでチェックインと同時に予約か事前予約がおすすめです。

風待ちテラス

夕方風が出てきたら、風待ちテラスに移動しましょう。

靴を脱いで上がれるプライベートな空間がいくつかあり、ハンモックチェアやソファがあります。

ハンモックで揺られながら読書とかスマホいじりは最高の時間潰しです。揺られながら寝そうな感じです。

一休で予約したら、風待ちテラスのドリンク1杯無料券×人数分貰えました。

ドリンクをいただけるのは10:00〜18:00でチケットは翌日まで有効です。

飲み物はコーヒーかアップルジュース。コーヒーはお願いしたらテイクアウト用にもしてくれます。

レタールーム

今回利用してないのですが、レタールームがあります。大切なあの人、宛のない手紙とか3種類くらいテーマがあるそうで、手紙をしたためてはいかがでしょうか。

ゴルフ

今回利用していませんが、ゴルフコースがいくつかあります。

関東でする冬のゴルフとか寒いですが、冬のゴルフを暖かい地域でするのは最高ですね。

レストラン&バー

外に出るのもちょっと大変ということで、食事はホテル内が便利です。

長い食レポになりますので、バーの詳細に移りたい方はこちら。

大部分のお店はspgのレストラン&バーの割引で使えます。

対象外でもなぜか割引になる場合もあります。

鉄板焼き ふかみ

旦那さんの誕生日兼ねて鉄板焼きにしました。

ふかみさんは参加店一覧に載っていなかったのですが、会計はspgカード提示で料理代金だけ15%offになりました。(お酒は割引なし)

13,000円の宮崎牛コースに帆立を追加とガーリックライスに変更しました。結果、一番安いコースでもお腹いっぱい。

鉄板のカウンターは大きく4つの島に分かれていますが、コロナ対策もあって分けられていました。

1つの島にシェフ1人、客が1組みたいな。そんな訳でシェフとずっとおしゃべりしていましたが、宮崎の地元のシェフが焼いてくれました。

飲み物も種類豊富で、今回はワインペアリング3種5,000円をチョイス。ホテルにしてはお得な感じです。

ワインはまずシャンパンは、AYALA BRUT。前菜やフォアグラソテーはこちらに合わせて。前菜の宮崎牛のローストビーフは霜降りローストビーフで贅沢な味わいでした。

ホタテ追加したのでシャルドネを選んでくれました。

都農ワイナリーのシャルドネです。

赤は好みを聞かれて、ミディアム〜フルボディでリクエストすると、オーストラリアのシラーとナパのカベルネを用意してくれました。

牛の鉄板焼きなので、カベルネを合わせました。NAPA HIGHLANDのものです。

牛ロースは甘みがあって、脂も適度で絶品でした。写真全部は載せませんが、椎茸、茄子、さつま芋のグリル野菜も美味でした。

牛の下の食パンに脂が染み込むので、食べ終わった後はチェダーチーズを挟んでホットサンドを焼いてくれます。鉄板で焼く贅沢すぎる〆ですね。

このあと、ガーリックライスも出てくる訳ですが、じゃことか梅も入り複雑かつ絶妙にマッチしたガーリックライスはほんとに美味しかったです。

デザートにはきんかんと日向夏も。

KUROBAR

ガーデンの中にある離れのバー、KUROBARAは雰囲気がよく、お酒の種類も豊富です。

今回は気になっていたThe Botanistというアイラ島のジンをソーダ割にしていただきました。

SPG AMEX対象で15%offになりました。

1日の終わりは温泉で

キラキラ外資系リゾートに似つかわしくなく、温泉旅館ばりの和風な温泉も施設内にあります。

1日の終わりに心落ち着く温泉で疲れを癒すことができるのはありがたいですね。

内廊下(屋根があるだけの屋外)を伝っていくことができます。

温泉入口でタオルを貰えるので部屋から持っていかなくてもOKです。

洗い場の備え付けのシャンプーとかはイケてない感じだったので、部屋のアメニティを持っていかれるのがおすすめです。部屋のTARGOは青リンゴ系の香りで、髪の毛もサラサラになり気に入りました。

お風呂は、内風呂と露天と両方あります。ちなみに貸切風呂も別料金であります。マリオットのプラチナ等は無料で入れたりするみたいです。

朝食

パインテラス

朝食会場はパインテラスとコンベンションセンターの2種類あり、好きな方を選べます。※コンベンションセンターは、もしかしたら団体客が入っていたので臨時だったかも。

あと、朝食ピクニックバスケットも選べますが、多分ビュッフェの方が色々食べられるかと。

パインテラスは和洋で、コンベンションセンターは和洋中ですが、パインテラスが美味しくて人気みたいです。今回はパインテラスにしました。

パインテラスは人気で、行った時は入店を5分ほど待ちました。

メニューで特に美味しかったのは、宮崎牛コンソメスープが濃厚で美味しかったです。

和食でも洋食でも合うと思うのでおすすめです。

あと、宮崎牛そぼろが美味しかったです。

以上、冬でも楽しめるシーガイアのシェラトングランデオーシャンリゾートのご紹介でした。冬に行かれる際の過ごし方のご参考にしていただければ幸いです。

日本
この記事を書いた人
shimaco

旅を愛し旅に生きる31歳女子。
35か国/国内47都道府県を旅しました。
「自分の足で歩く」のが好きで、ほぼ全て個人手配です。
「個人で旅をしてみたい。」そんな人の背中を押すような情報をお届けします。

shimacoをフォロー
ShimacoTrip
タイトルとURLをコピーしました