ギリシャ ・サントリーニ、サンセット・クルーズで過ごす優雅な午後

ギリシャ
この記事は約5分で読めます。

サントリーニ島で3日間どうやって過ごそうか。ホテルでのんびりしてもいいし、ワイナリー巡りも素敵だし。
計画を立て始めたところ、友人がちょうどギリシャ旅から戻ったばかりでクルーズを勧めてくれました。

イアの夕日は世界一の夕日とも称されており、もちろんイアの街からも鑑賞する気満々だったのですが、、大海原に漂いながら見る夕日もまたイイ!ということで参加することにしました。結果大満足だったので記事にしました。

※2021/06/17 リライト
ちょうど3年前の今頃はサントリーニで過ごしていたので、思い出し・調べながらリライトしています

おすすめのクルーズ会社

クルーズ会社は複数あるみたいですが、友人に教えて貰ったSUNSET OIA(サンセット・イア)という会社のクルーズツアーが非常に充実の内容でした。
価格帯は95EUR~で少人数ツアーやプライベートツアー、さらに午前発か午後初(サンセット!)が選べます。旅好きな友人が非常に絶賛していたのとTripadvisorでも高評価だったことから決めました。

今回はSANTORINI GEMSという1人155EURのツアーのサンセットツアーを事前に予約して参加しました。出港するイアの港までは、ホテルとの往復送迎も含まれています。当日までにホテル名をメールで伝えておけばOKです。

公式HPから予約できます。公式HPの楽しそうな写真を見ているだけでわくわくしますね。。

SANTORINI GEMS - Santorini Sailing Yacht Rentals

気になるツアー内容は

午後の部の出発が15:00ですが、宿はイアの港から離れているので送迎は14:00前くらいでした。サントリーニ島は舗装はされているものの、がたがた道であったり地形の特性上、車酔いしやすいと思います。行きの道中はちょっとグロッキーでした・・・昼にどん兵衛食べたせいかしら?

旅の間は意外と疲れていてちょっとした揺れに酔うこともあるので、酔い止めは準備されていくのがおススメです。

こちらの港から出発

クルーズで乗るのは、帆が付いているラグジュアリーなヨット船でした。

船内の設備もすごく綺麗で、お手洗いも清潔な感じです。利用者が少ないせいか、飛行機のお手洗いより全然きれいですね。ベッドルームもありました。ベッドルームは多分気分悪いとき用だと思います。設備の写真は撮っていないので載せられませんが、結構きれいなので、心配な方も大丈夫だと思います。

ほぼ荷物置き場でしたが、船内もこんな感じのソファで快適でした。

飲み物は飲み放題で、サントリーニ島産の白ワイン(シトラスの強い酸味で爽やか!)やVOLCANOビール、ソフトドリンク・水が飲み放題でした。

クルーズのルート

まずはイアの港から火山島を通りながらレッドビーチへ。ほんとに岸壁赤い

レッドビーチで折り返すと、レッドビーチと火山島の間くらいで30分位シュノーケルします。
※シュノーケルセットはツアー料金に含まれています。
透明度が高く海底やお魚がよく見えます。水温は少し低いですね。。残念ながら防水カメラを自宅に忘れて写真はありませんが、自分が今まで見た中では一番の透明度で感激しました。

あと、コチラが海中温泉。本当にあったかくて不思議な感じです。こちらの温泉は初日に参加した、フィラ初の火山島クルーズでも立ち寄ります。

黄土色?ぽいところが温水

シュノーケルのあとはサンセットを待ちながら夕食を頂きます。船員の方がパスタやお肉、海鮮をその場でグリルしてくれます。船の上でも温かい料理が頂けるのは嬉しいですね。
…料理の写真も撮っていません。。どんな料理が提供されるかはTrivadvisorを参考にされるのが良いかもしれません。

夕日に染まるイアの街もきれいでした。

お待ちかね!イアのサンセット

そして、待っているといよいよサンセットが!
なんていうか。モネの「印象・日の出」を連想させる夕日ですね。。

こちらが沈んだあと。パステルカラーの空がほんとに綺麗です。

陽が沈み、クルーズ船が港に帰っていきます。ここで順番待ち発生し、しばし船上で余韻に浸ります。

あかりが灯り始めて良い雰囲気

終了時刻は20時頃とありますが、夏季はそもそもサンセットの時間が遅いため、終了時刻がうしろにズレています。そして、港に入る行列もあり、港に帰ったあとも各ホテルに送迎なので、宿に戻ったのは22時ごろだったと記憶しています。

当初、クルーズに参加したあと深夜便で帰るという旅程を考えておりましたが避けて無難でした。多分チェックインに間に合わないですね。

港に着くころには既に真っ暗

値段はちょっと高めですが、ラグジュアリーな小型クルーズ船に乗ることなどあまりないので、お値段以上に満足できる内容でした。

サントリーニを訪れる際は、是非参加してみてはいかがでしょうか。

ギリシャ東欧・バルカン
この記事を書いた人
shimaco

旅を愛し旅に生きる31歳女子。
35か国/国内47都道府県を旅しました。
「自分の足で歩く」のが好きで、ほぼ全て個人手配です。
「個人で旅をしてみたい。」そんな人の背中を押すような情報をお届けします。

shimacoをフォロー
ShimacoTrip
タイトルとURLをコピーしました